スマートコンストラクションとは?

建機

現場

人

スマートコンストラクション

SCC

結合

結合

結合

『測量』ドローンなどで現況を高精度測量

『スマートコンストラクションサポートセンタ』ICT建機の施工を、経験豊富なオペレータがサポート。

『検査』3次元計測データと3次元設計データでの効率的・効果的な検査を実現。

『施工支援』TRUCKVISIONやエブリデイドローンなどにより、ダンプ・作業員・土の動きの見える化

『施工』ICT建機による施工3次元設計データをもとに、マシンコントロールで丁張不要。

『施工計画』現況データと設計データの差分から、正確な範囲と土量を算出。

『設計』2次元設計図面の3次元設計データ化


スマートコンストラクションの導入メリット

メリット 1 より安全な施工を実現 建設現場には多くの危険が潜んでいます。
スマートコンストラクションでは設計面に沿って自動制御されるICT建機で施工するため、作業員の丁張の設置作業や刃先位置確認作業が必要なくなり、より安全に施工を進める事ができます。 メリット 2 労働力不足解消 施工に関わる様々な確認作業が減り、1日当たりの施工量の増加が見込まれます。
それに伴い、工期が短縮し必要となる人数の減少につながります。
また、ICT建機の自動制御により、経験の浅いオペレータでも精度の高い施工が可能となり、オペレータ不足も解消します。 メリット 3 生産性向上 現場で必要となる作業員やオペレータの人数、建設機械の稼働日数が減少します。
少ない人数で効率的に現場が進むことで、新たな工事の受注にもつながり、売上拡大にも寄与します。 メリット 4 “i-Construction”に準拠 2016年4月より、国土交通省は測量から検査に至るまで全ての建設生産プロセスでICT等を活用する「i-Construction」を推進しています。
スマートコンストラクションは「i-Construction」に準拠したソリューションです。