スマートコンストラクション 導入事例

  • #78 期待以上の効果!i-Construction。

    • 利便性を試そう、
      起工前から驚き

      「国土交通省が推進している、i-Construction型施工は、現場の生産性の向上や、効率化、人件費の削減などに、どれだけの効果があるのだろうか?と思い、利便性を確認するために導入を決めました。」と岐阜県に拠点を置く(株)山辰組の監理技術者 牧村成さまは話した。今回の現場は、揖斐川町にある横山ダムの貯水池に堆積した土砂を撤去し、ダムの貯水機能を回復する工事。土捨場へ運搬されてくる12,000m3の土の整地作業にICT油圧ショベルのPC200iを導入した。「起工前の3次元ドローン測量で、すでに驚きがありました。通常の方法での測量だと1日掛かる現場を、わずか20分の飛行時間で測量し、翌日には、『KomConnect』に点群データがアップされ、技術の進歩を実感しました。」とも牧村さんは話した。

    • 監理技術者 牧村成 さん


      オペレータ 小松仁 さん
      協力会社(株)ヤマモト

      岐阜県
      (株)山辰組 様

      岐阜県揖斐郡大野町に
      拠点を置く総合建設会社。
      企業理念は
      「創意・工夫・
      たゆまぬ努力」。
      建設業ならではの
      自然環境保護活動を展開。
      地域に適した河川環境製品、
      環境工法や新技術の開発・
      提案を行っている。

      掲載月:2017年2月

    • 現場見学会で
      i-Constructionの理解向上

      (株)山辰組様は、横山ダム貯水池整備工事が完工したタイミングで、関係者の方々を招きi-Construction現場見学会を開催した。 ドローン測量やICT建機による施工を参加者の目の前で披露したそうだ。監理技術者の牧村さまに見学会の感想を聞いた。「参加した方々は、経験に関係なく正確に効率よく工事が進められるICT建機のPC200iや、ドローン測量の精度、3次元測量データになるまでの時間などの説明に、熱心に耳を傾けていましたよ。」と教えてくれた。オペレータの小松仁さんに感想を聞いた。「約2ヶ月間の施工でしたが、法面に複雑な勾配がある箇所でも精度の高い施工を可能とするし、丁張設置の時間も削減され、時間に余裕が出来ました。」と話した。最後に牧村さんは、 「導入を検討している方はまず使ってみてほしいね!ICT建機は期待以上の効率アップだよ。」と話した。