スマートコンストラクション 導入事例

  • #67 複雑な現場もスムーズ施工。

    • 複雑な施工に
      ICT建機の性能

      今回の現場は、千葉県柏市のつくばエクスプレス沿線にある広さ8,400㎡の調整池(集中豪雨などによる河川の氾濫を防ぐために一時的に水を貯める池)の整備工事。施工するのは同市内に本社を置く(株)コスモ工業様。導入経緯を現場代理人 係長の鈴木孝則さんに聞いた。「以前よりICT建機の事は担当営業から聞いており、熟練オペレータ不足の現状に丁度いい建機だと考えていました。そんな時に複雑な法面で囲まれた調整池整備の話があり、ICT建機にぴったりで今後に繋がるチャンスだと思いスマートコンストラクションの導入を決めました。」と話した。また、「調整池の現場は丁張を設置する作業にとても手間がかかります。また掘削して法面を整形しますが、複雑な施工に関わらず高い精度も求められます。工事は一方通行で施工を進める為に失敗は出来ません。このような現場はICT建機が本領を発揮すると思いました。」とも教えてくれた。

    • 係長 鈴木孝則さん

      篠田聖さん

      千葉県
      (株)コスモ工業様

      千葉県柏市に拠点を置き、
      道路工事を核として造成まで
      幅広い土木工事を手掛ける

      舗装の直営班は30代と若く、
      この仕事に夢と希望を託す。

      掲載月:2017年1月

    • 万全な
      バックアップ体制

      PC200iの感想を鈴木係長に聞いた。「設計図面データ通りに制御され、法面整形も精度よく仕上がる。まさに未来の機械だと実感しました。」と話した。「バックアップ体制がしっかりしているのも大きな魅力だね。急な設計変更が発生した時も、すぐにデータが届いたり、操作がわからない時もサポートセンタに連絡すると、しっかり対応してくれるので、すぐにICT建機に馴染むことができた。おかげで工期がずれることなくスムーズに施工できたよ。」とも教えてくれた。安全面についても聞いた。「普段は、丁張り等の作業員として2~3人を付けているが、PC200iを導入したことで、建機の周りで作業する人がいなくなりました。その結果、現場の安全性が格段に向上しました。」と話した。最後に「一度試してみないと良さや凄さは分からない。使ってみてスマートコンストラクションを実感してみた方が良いね。」と導入を考えてる方へ向けてコメントをくれた。