スマートコンストラクション 導入事例

  • #53 全てがスムーズに。工期短縮!

    • ICT建機の導入で
      問題の解決へ

      今回の現場は、鹿児島県薩摩川内市に新設されるグランドゴルフ場の工事。施工するのは同市に拠点を置く(株)セグチ様。導入の経緯を代表取締役社長の瀬口俊二さんに聞いた。「今回の現場は、グランド整備の仕上げ工程で高い精度を求められましたが、当社は熟練のオペレータが不足していました。そんな時に担当営業よりICT建機の話を聞き、導入することよってオペレータの経験に頼ることなく高精度の施工を実現出来るのと同時に、人手不足の問題まで解決出来ると考え導入を決めました。」と話した。「瀬口社長は、ICT建機の導入を検討する前はモータグレーダを使用し約2週間ほど、4、5人の作業員での施工を考えていたそうです。そこで、ICT建機の導入による効果を説明させて頂き導入の運びとなりました。」と担当営業は教えてくれた。

    • 代表取締役社長 瀬口俊二さん


      主任技術者 木村貴幸さん

      鹿児島県
      (株)セグチ様

      創業以来、造園業を中心に土木一式・建築工事まで施工する会社。

      「敬天愛人」をモットーに全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に人類、社会の進歩発展に取り組んでいる。

      掲載月:2016年11月

    • 高い精度での施工
      ICT建機が実現

      「作業員が大幅に減りました!」と教えてくれたのは主任技術者の木村貴幸さん。導入したICTブルドーザD37PXiの感想を聞いた。「ICT建機はオペレータ1人での作業を可能にしました。予定していた作業員は他の仕事へ回せたので、全体の効率は大幅に上がりました。そして、正確に施工が出来るICT建機のお陰で、ブルドーザの経験が浅いオペレータでも高い精度で施工が出来たので、安心して現場を任せることが出来ました。」と話した。D37PXiに乗ったオペレータにも聞いた。「すごく楽!前に進ませるだけだから簡単だった!全てがスムーズだったよ。」と笑顔で教えてくれた。当初は2週間予定していた現場は4日間で施工が完了したそうだ。主任技術者の木村さんは最後に、「ICT建機を導入したことで現場の省力化を図ることができた。施工範囲が広い現場であれば、その効果をより実感できるね。多くの現場でICT建機が導入されるといいね。」と話した。