スマートコンストラクション 導入事例

  • #35 ICT建機がオペレータの操作をサポート。

    • 噂に聞いてたICT施工
      未来の現場に挑戦

      今回の現場は、庄司建設工業(株)様が施工する福島県相馬市の港湾道路再復工事。現場監督の薹内広昭さんにスマートコンストラクション導入前の印象を聞いた。「i-Construction説明会へ参加するなど、新技術を積極的に取り入れようとは考えていたが、安全面、工期短縮、経費削減、人員不足の解消、創意工夫の加点対象などに効果があると聞いている程度で、未知の部分が多い印象だった。」と話した。導入の経緯を聞いた。「担当営業に導入するまでの段取りや必要なもの、そして図面作成や導入した後の現場サポート体制についても丁寧に説明してもらいスマートコンストラクションの内容が少し見えてきたのと、掘削作業時に、位置や深さを確認する手元作業員が不要となると聞き、接触事故等の災害リスクも低減できると考え導入を決めました。未来の現場に挑戦だね。」と話した。

    • 現場監督 薹内(だいうち)広昭さん


      職長 菊地武光さん

      福島県
      庄司建設工業(株)
      相馬営業所様

      1922年創業 国土交通省、中央官公庁、港湾を始めとした建築、土木工事を施工。安全には十分に神経を注ぎ、施工短縮、施工完了後の出来栄えでの優良表彰を目指して日々努力している。

      ICT施工の活用でどう現場が変わるのか? 最新の技術を取り入れたいとの思いでICT建機を導入した。

      掲載月:2016年9月

    • ICT建機を工夫することで
      あらゆる部分に対応

      導入したPC128USiについて職長の菊池武光さん聞いた。「今回の現場は経験の浅いオペレータに施工を任せたため、最初は不安に感じていたが、日々乗ることによってICT油圧ショベルを使いこなしてくれた。」と話した。「慣れたころには熟練のオペレータと同等、もしかしたらそれ以上のスピードで精度よく施工してくれて、導入してよかったよ。」と、現場監督の臺内さんも満足げに教えてくれた。「ICT建機の周りに作業員がいなくなったおかげでオペレータは安心して施工が出来たみたいだよ。ストレスも減ったと思うよ。」とも話した。オペレータはセミオートモードでの施工に慣れたところで、運転操作技術も磨くためにマニュアル操作の練習もしたそうだ。今後、あらゆる場面に対応できるようにとICT建機をお手本に、工夫して使用している。