スマートコンストラクション 導入事例

  • #188 i-Construction 健康面にも効果!

    • 実際に体験し
      現場で活用したいと提案

      今回の現場は、茨城県水戸市とひたちなか市を流れる那珂川(なかがわ)の災害対策工事。施工するのは水戸市双葉台に拠点を置く高橋建設工業(株)様。導入の経緯を現場代理人の成田安側さんに聞いた。「担当営業からスマートコンストラクションを紹介され、興味を持ちましたが、実際に見ないと分からないと思い、千葉市美浜区にあるコマツIoTセンタで開催しているセミナーに参加しました。そこで、現場の管理が楽になり、現場の生産性も向上する一連の流れが理解出来ましたので、今回の現場で導入を決意しました。」と話した。主任技術者の瀬戸勇さんにも聞いた。「コマツIoTセンタで実際にICT建機の自動制御を体験し、すぐにでも現場で活用したいと思い、会社に戻ってICT活用の提案をしました。」と教えてくれた。

    • 現場代理人 成田安側さん


      主任技術者 瀬戸勇さん

      茨城県
      高橋建設工業(株) 様

      創業 昭和44年
      茨城県水戸市に拠点を置き、
      主に建設工事を請け負う。
      平成28年度 関東農政局
      農業農村整備事業優良工事等表彰
      受賞

      掲載月:2017年11月

    • 睡眠時間が増えた
      スマートコンストラクションアプリ

      「ICT建機を信じて操作するだけで図面通りの施工をしてくれるね。」と現場代理人の成田さんは話す。導入した感想を聞いた。「技量が無くても熟練並みの施工を可能としてくれました。タイトなスケジュールのなかで、初めてのi-Constructionでしたが、見事に設計通りに仕上がりました。」と話した。瀬戸さんは、「従来の施工より少ない人数と短い期間で施工を完了しました。ドローン測量では半日の短縮ができたし、2.3人で2日かけて行う丁張設置作業も無くなり、それだけでも4.5日くらいは短縮出来たと思います。それに、現場の情報がスマートコンストラクションアプリに蓄積されているので、書類作成もとても楽でした。現場が効率的に進んだおかげで睡眠時間が多く取れるから体も楽になったよ。」と笑顔で教えてくれた。