スマートコンストラクション 導入事例

  • #163 実績の積み重ね スマートコンストラクション

    • 経験の浅いオペレータ
      ICT建機で

      今回の現場は、熊本県八代市を起点とし鹿児島市までをつなぐ南九州西回り自動車道の道路工事。施工するのは、熊本県球磨郡多良木町に本社を置く味岡建設(株)様。 現場代理人の木下孝幸さんに導入の経緯を聞いた。「当社は、 i-Constructionの現場を複数施工していますが、私が担当する現場では今回が初めてとなりました。実際にスマートコンストラクションを導入している現場を見に行ったり、担当営業から詳しく話を聞いて導入を決めました。」と話した。担当営業から話を聞いた。「味岡建設(株)様は積極的にICTを活用されており、現在も3現場にスマートコンストラクションを導入して頂いています。こちらの現場では、経験が浅いオペレータさんが担当されると聞き、ぜひマシンコントロールのICT建機を使用して頂きたいとお勧めさせて頂きました。」と話した。

    • 現場代理人 木下孝幸さん

      熊本県
      味岡建設(株) 様

      地球をおもい
      やさしい環境づくり
      テーマはふるさとの
      美しい自然との共生
      スマートコンストラクションで
      現在、3現場を施工中

      掲載月:2017年9月

    • 掘りすぎない
      高精度の施工

      「本当に丁張なしで施工が出来るのか不安でしたが、使用していくうちに不安はなくなり、仕上がりは期待以上でした。」と、この現場の技術管理者は話した。導入した感想を現場代理人の木下さんに聞いた。「従来の法面整形作業では、計画通り施工が出来ているのか、オペレータが建機から降りて施工箇所に行き確認をしていました。ICT油圧ショベルを導入したことで、モニタで高さや法勾配が確認出来ます。建機の乗り降りに、丁張設置作業など手間が省けました。法面作業で確認作業がいらなくなるという事は、建機の周りにいる作業員が転倒事故などで機械に巻き込まれることもなく、安全につながります。」と教えてくれた。法面の途中にある小段部分もマシンコントロールで掘り過ぎる事も無く、綺麗に仕上がったそうだ。最後に木下さんは「スマートコンストラクションアプリは施工進捗がいつでも簡単に確認できるから、現場に行かなくても確認が出来て良かったよ。」と話した。