スマートコンストラクション 導入事例

  • #162 最初から決めていた!生産性向上のために

    • 経験の浅いオペレータ
      PC200iで法面整形

      九州で多くのICT施工の実績を積み重ねているヤマグチ(株)様の現場。今回は鹿児島県出水市を通る高速道路建設工事だ。現場監督の堂下高広さんに導入の経緯を聞いた。 「この現場はICT活用工事ですのでスマートコンストラクションで施工することは最初から決めていました。当社はすでに多くの現場にスマートコンストラクションを導入している経験があります。ICT建機での法面整形は設計データ通りに作業が出来るし、補助作業員も不要なので安全に施工できると考え、経験の浅いオペレータでの施工を計画しました。 スマートコンストラクションアプリとICT油圧ショベルのPC200iを活用して現場を効率的に進めたいとの考えで導入しました。」と教えてくれた。

    • 現場監督・主任 堂下高広さん


      担当技術者 徳永幸太郎さん

      鹿児島県
      ヤマグチ(株)様

      「人と技術をベースに
      快・環境を目指します」
      常に、技術の研鑽と革新に努め、
      顧客のニーズの
      多様化・高度化に対し、
      高い精度を以って応える信頼の
      「総合建設業」を
      永続の社是とします。

      掲載月:2017年9月

    • 生産性・安全性の向上を
      身を以って実感

      導入した感想を担当技術者の徳永幸太郎さんに聞いた。「この現場では法面整形作業の経験が無いオペレータが1人で作業を行いましたが、やっぱりマシンコントロールのICT建機だね。経験が無くてもすぐに法切作業がこなせるようになりました。日々の習熟の速さにも驚きました。周りからも新人オペレータとは気づかれないくらいの精度で仕上げていました。」と話した。また、「スマートコンストラクションを導入することで人手不足の解消や、生産性の向上など聞くけど、今回の現場は身を以て実感しました。スマートコンストラクションアプリでは現場に行かなくても施工管理が出来たし、ICT建機では接触や転落事故などの危険も回避できました。若手オペレータの自信にもつながったし、何より確実に生産性が向上しました。」と笑顔で話した。