スマートコンストラクション 導入事例

  • #123 事務所で現場管理!KomConnect

    • 迷わず導入も
      実際に使うまでは不安

      今回の現場は、福島県の会津地区を流れる阿賀川の堤防を強化する工事。水位の増加による堤防の崩壊を防ぐ工事だそうだ。施工するのは同県会津若松市に拠点を置く(株)共立土建様。導入の経緯を現場代理人の小林知紀さんに伺った。「こちらの現場は国土交通省が推奨するi-Construction型工事です。当社は以前よりICTを現場で活用したいと考えていましたし、スマートコンストラクションの事は担当営業から聞いていましたので、このICT活用工事が決まった時には、迷わず導入を決めました。」と教えてくれた。また、「導入前から、付き合いのある業者よりICT建機の精度の高さや現場の安全性向上についての噂は聞いていましたが、実際に使うまでは不安もありました。初めの驚きは最初のドローン測量の速さでしたね。」とも話した。

    • 現場代理人 小林知紀さん


      オペレータ 山本道夫さん

      福島県
      (株)共立土建 様

      会津若松市に拠点を置き、
      幅広い土木工事を手掛ける。
      「会津をもっと
      居心地いい街にしたい」
      周囲の声に耳を傾け、
      創意工夫の精神で
      取り組んでいる。

      掲載月:2017年6月

    • 現場の施工管理は
      監視カメラとKomConnect

      「最高の機械だね!」と笑顔で話すのは現場代理人の小林さん。「法面整形の精度の高い仕上がりにも驚いたけど、建機の近くにいた作業員が減少し、接触事故の心配が無くなったので安全性が向上しました。ICT建機は使用する側のアイディアで多くの可能性を秘めていると感じましたよ。」と話した。オペレータの山本道夫さんは、「ディリーキャリブや刃先確認、モニター操作などICT建機に乗る為には覚える事が多かったが、慣れたらとても楽です。機会があればまた乗りたいです。」と教えてくれた。現場代理人の小林さんは最後に、「現場の施工管理は、24時間監視が出来る、現場に設置したカメラとKomConnectとを併用して行いました。打合せは現場ではなく事務所で行い、外出先でも施工進捗を確認出来るようになりました。とても効率が良くなりましたよ。」とも語った。