スマートコンストラクション 導入事例

  • #106 建設現場の未来へ思いを込めて!若手育成

    • ICT活用工事で
      若手の自信へ

      「これからの建設業界を担う若者達の経験を増やすことで自信に繋げて欲しいとの思いで導入しました。」と話すのは、群馬県に拠点を置く(株)木暮組様の現場代理人 木暮新さん。今回の現場は山の斜面を切り開き道路を新設する工事。現場代理人の木暮さんに導入の経緯を詳しく聞いた。「担当営業や周りの人からスマートコンストラクションの話を聞きました。スマートコンストラクション導入の大きな利点は現場の生産性向上との事でしたが、私としてはICTを活用した施工を若手技術者やオペレータに経験してもらい、自信をつけてもらいたいとの思いから導入しました。」と話した。また、「スマートコンストラクションは初めての導入でしたので新技術に対しての不安はありましたが、全面バックアップしてくれるという担当営業の言葉を信じて導入しました。」と話した。

    • 現場代理人 木暮新さん


      現場技術員 石井健太さん

      群馬県
      (株)木暮組 様

      地元に根付く
      地域密着型総合建設会社
      群馬県発注工事においては
      毎年複数の優良工事表彰を
      受賞している。
      国土交通省が定める災害時の
      基礎的事業継続力
      認定企業でもある。

      実績と経験を活かしつつ
      これからは、ICT建機で
      明るい未来を創造していく。

      掲載月:2017年4月

    • 未来の建設業界への
      第一歩!

      「ICT建機のおかげで人件費も工数も削減出来たよ。」と現場代理人の木暮さんは笑顔で話した。今回の現場は上信自動車道、群馬県から長野県をつなぐ地域高規格道路で、地域活性化や安全確保などの効果が見込まれている道路だそうだ。ICT建機の感想を現場技術員の石井健太さんに聞いた。「従来と比べて、掘削箇所の確認のための建機の乗り降りが減ったので、楽になりました。工程の確認もICT建機のモニタが設計データを表示しているから監督の指示を待たなくても進められました。全体的に工数が減り、作業が捗りました。」と話した。担当営業から感想を聞いた。「こちらの現場は地域でもいち早くICT建機を取り入れた為、周囲からの注目も高く、ICT工事セミナーも現場で開催し、関係者や地元の高校生に大好評でした。セミナーを体感した若い子たちの輝く目から未来の建設業会は明るいと感じました。」と笑顔で教えてくれた。