スマートコンストラクション 導入事例

  • #102 導入して良かった!クイックスマートコンストラクション

    • スマートコンストラクション
      安全な現場をアピール

      「クイックスマートコンストラクションを試したいと思い導入に踏み切りました。」と話すのは山口県に拠点を置く山陽建設工業(株)の土木建築部土木課所長 井上勝さん。今回の現場は山口県防府市の国道2号線と山口県の重要港湾である三田尻中関港(みたじりなかのせきこう)を繋ぐ道路、環状一号線の橋梁建設に伴う基礎工事。導入の経緯を井上所長に詳しく聞いた。「以前より新技術に興味があり、ICT建機を使用したいと思っていました。そんな時に担当営業より勧められたのが、墨出しや丁張が必要無く、深さを都度測る手間もいらないというクイックスマートコンストラクションでした。実際に使用して安全性や生産性の効果を現場で検証、新技術を試したいとの思いで導入しました。」と教えてくれた。また、「新技術を取り入れた現場の見学会を開くことで、地元や関係会社にも安全な現場をアピールすることが出来るとも考えました。」と話した。

    • 土木建築部 土木課
      所長 井上勝さん


      現場代理人
      大林祐太さん

      山口県
      山陽建設工業(株) 様

      山口県防府地域の
      発展に取り組む
      土木工事・建築工事の
      スペシャリスト。
      「土木建築の”今”と
      ”未来”を視野に、
      最新の技術を積極的に導入し
      地域社会への貢献」
      をモットーに
      安全でスマートな現場を目指し
      クイック
      スマートコンストラクション
      を導入した。


      掲載月:2017年4月

    • 半信半疑だった
      基礎掘削に力を発揮

      「導入して良かったよ!」と、井上所長は笑顔で教えてくれた。クイックスマートコンストラクションについてICT建機を操作したオペレータの吉野さんに聞いた。「今回の現場は土をあまり動かす現場ではなかったので、効果が出るのか半信半疑で、正直、期待はしていませんでした。実際に乗ってみると、掘削の位置や杭打の場所が車載されたモニタで確認出来るし、近づきすぎればアラームで知らせてくれました。それに掘削する深さを設定することで、確認なしに精度良く設計通りに掘削が出来ました。ICT建機を使ったことで、スムーズに現場は進み、予定していた期間より早く終わりました。」と教えてくれた。 最後に井上所長は、「スマートコンストラクションは基礎工事にも大いに力を発揮するね。また基礎掘削の工事があったら、ぜひクイックスマートコンストラクションで施工するよ。」と笑顔で教えてくれた。