スマートコンストラクション 導入事例

  • #100 2次元設計データを応用。簡易段切り

    • 初めてのICT活用工事
      起工測量が遅れ

      「一番の魅力はKomConnectだね!」と話すのは、東京都中央区日本橋に拠点を置く(株)吉田組 東京支店の監理技術者 土岐秀太郎さん。今回の現場は茨城県常総市を流れる鬼怒川の築堤工事。関東地方整備局管内で第一号となる発注者指定型のICT活用工事だそうだ。監理技術者の土岐さんに導入の経緯を聞いた。「初めてのICT活用工事でしたので、導入実績があるスマートコンストラクションがすぐに候補に挙がりました。今回、決め手となったのは、クラウド型プラットフォームKomConnectです。現場の全てがクラウドで管理出来ると聞いた時は驚きました。」と教えてくれた。導入当時の状況を担当営業に聞いた。「こちらの現場は、ドローンでの現況測量を予定しましたが、天候の影響で測量が遅れていました。工程が迫る中、(株)吉田組様の経験からICT建機の機能を応用した施工方法が生み出され、順調に工事が進んでいます。」と笑顔で話した。

    • 現場代理人 川崎利生さん


      監理技術者 土岐秀太郎さん

      東京都
      (株)吉田組 東京支店 様

      兵庫県姫路市に本社を構え
      昭和9年の創業以来、
      総合建設業として
      堅実な経営を続けて
      まいりました。

      自然と社会の共生をテーマに、
      さらなる技術の研究・開発と
      設備の充実を図りながら
      陸上・海上のあらゆる分野で
      活力ある都市環境の
      創造に貢献します。
      http://yoshida-gumi.co.jp/

      掲載月:2017年3月

    • 簡易設計データで
      工期短縮

      実際に使った感想を監理技術者の土岐さんに聞いた。「ICT建機の搬入前にドローンで測量しますが、天候に恵まれなかった為、予定が押してしまいました。なにか良い方法はないかと担当営業に相談し、PC200iで施工を予定した段切り工程の設計データを時間が掛かる3次元ではなく、2次元で簡易的に設計データを作成し施工したところ想像以上の能力を発揮してくれました。高い精度で綺麗に仕上がり、工期も大幅に短縮出来ました。」と教えてくれた。また、「ICTブルドーザも土質改良の工程で能力を発揮してくれました。良質の土を作る為に、種類が違う土を決められた割合で均一に混合する必要があります。ICTブルドーザのマシンコントロール機能でブレード高さを設定し、均一に敷き均し、撹拌することで一定品質の改良土を作りました。ICT建機の能力は最高だね。」 と笑顔で話した。最後に土岐さんは「なにより、一緒に悩んで新しい使い方を生み出せる喜びが最高です。まだ現場は続きますが、よりKomConnectを活用して行きたいですね。」 と話した。