スマートコンストラクション 導入事例

  • #10 安全で生産性が向上する現場へ変化。

    • 半信半疑が
      確信に変わる瞬間

      「どこの現場でも、担当営業が来てくれてさ、まぁ一度、信じてみてみるかなと思って導入したんだよ」と導入経緯を聞くと、笑顔で鈴木社長は言った。 今回の現場は宮城県仙台市の雨水幹線(雨水を逃がす水路)設置工事。施工するのは(有)スズキ総業様。「水路の工事だからこそ、計画通りの勾配をつけるために、掘削作業する建機の近くで作業員が測量する工程があると知っていたため、今回の現場は熱心に説明させてもらった」と担当営業は話した。鈴木社長はPC200iほどの大きさのICT建機は水路工事には必要ないと感じていたためPC128USiが登場したタイミングで導入を決断したそうだ。「導入する前は、いくら担当営業の話を聞いても、高い金額を払って入れるほどの価値があるのかと思ったけど、導入した後はまた使いたいと思ったよ」とも話した。

    • 代表取締役社長 鈴木利明さん

      宮城県
      (有)スズキ総業様

      仙台市を中心に、土木・土工・解体から舗装工事まで社員全員でオールマイティに現場をこなす会社

      人材不足・人材育成が深刻化している中、新しい技術を取り入れたいとの思いから今回の導入となった。

      掲載月:2016年7月

    • 安全に作業でき、
      工期も大幅短縮を実現

      ICT建機PC128USiについて聞いた。PC128USiで施工した鈴木社長は「最初は、モニターの見方などに戸惑いはあったものの2日程で慣れたよ。口頭で良さを聞くよりも、実際に乗ってみないとわかんないね。乗れば誰でも良さがわかると思うよ」と力強く話してくれた。「理屈を覚えると色々な使い方ができる。間違いなく良い機械だね」とも話した。昨年の同様の工事では、0.8m3と0.45m3の油圧ショベルで施工し、測量しながらの掘削作業で1日に10m進めばいい方だった。今回の現場は自社機の0.8m3油圧ショベルとPC128USiで施工した。半日で20m進む日もあり、驚きの働きをしたそうだ。初めてのICT建機導入だったため、通信状況の確認など時間がかかる部分はあったものの大幅な工期短縮となった。